めんまにゅーす > ゲーム > 実在車両に喜ぶ鉄道ファンたち。『A列車で行こう ひろがる観光ライン』実在車両紹介 Part6~Part7公開中
アニゲー速報  ワロタあんてな  哲学ニュースnwk


アートディンクは、2022年11月3日発売予定の都市開発鉄道シミュレーション『A列車で行こう ひろがる観光ライン』の紹介動画《実在車両紹介 Part6/Part7》を公開中です。

対応機種はNintendo Switchです。

A列車で行こう ひろがる観光ラインとは?

スポンサーリンク

A列車で行こう ひろがる観光ライン』は、2021年3月に発売されたNintendo Switchタイトル『A列車で行こう はじまる観光計画』の有料追加コンテンツ。

追加コンテンツ(ダウンロード版のみ)の価格は2,728円(税込)。 パッケージ版(ガイドブックパック)の価格は10,406円(税込)です。

パッケージ版には、『はじまる観光計画』+『ひろがる観光ライン』に加え、これまでに配信されたパッチなど全て収録。そして約200ページの「A列車で行こう ひろがる観光ライン 公式ガイドブック」が同梱されてます。


出典:Amazon.co.jp

Amazonなどでも予約開始になってるので(Amazon限定版あり)、気になる方はチェックして見てください。

A列車で行こう ひろがる観光 ゲーム概要

ゲーム概要はこちら⤵

・ひろげよう! あの列車が走る賑わいの街づくり 【「A 列車 」 × 「 観光 」は、さらに“ひろがる"! 】はじまったばかりの「観光計画」をより楽しめるよう、『はじまる観光計画 』 は 『 ひろがる 観光ライン 』 へと アップグレード。可能性がひろがった本作を、もっと遊びつくしましょう。

・【実在する全国の観光列車、新幹線など33車両を収録! 】屋台や 看板、好きな列車を展示できる「鉄道博物館」が観光地や街に賑わいを持たせます。街の風景を加工できる「フォトモード」を使えば「映え」る街を撮影できます。さらに、オリジナル車両や、街の地形だけをインターネットで共有可能になりました!

・もちろん「はじまる観光計画」 のどんな人でも楽しめる手軽さ、どこまでも続く 奥深さはそのままに、はじめての方も安心! 充実のチュートリアルに加えて、ガイドブックで徹底的にサポートいたします。

引用元:Amazonより引用。

です。

実在車両に喜ぶ鉄道ファンたち

『ひろがる観光ライン』では新たな要素として『実在する全国の観光列車や新幹線などが追加』されているのが大きなポイント。

ゲームメーカーにしては珍しくYouTubeのコメント欄がオープンされているので、実際のゲームファンや鉄道ファンの反応がわかりますよ。

コメ欄をさっと見たけど鉄道ファンの声が熱い。やっぱり『実在車両の追加』って、需要がある要素なんだな~って思いました。

あと、ブログのコメントには『処理の重さを改善するのが先なんじゃないか』というコメが(コメントあざます🙇‍♀️)。それはたし🦀と思いました。

どの位処理が重いのか分からないけど、やっぱりSwitchのスペックが足りてないのかな~って思いました。

あと、紹介動画はPart10まであるので、長いので半分に分けることにしました。Part1~5はこちらの記事で確認できます。⤵⤵

それではPart.6と7の動画貼り⤵⤵

「A列車で行こう ひろがる観光ライン」実在車両紹介

『A列車で行こう ひろがる観光ライン』は、2022年11月3日発売予定です。😊

\よろしければシェアお願いします/

この記事のURLとタイトルをコピーする


めんまのゲーム部屋
めんまのゲーム部屋
スポンサーリンク

2件のコメント

  1. ななし 2022年9月18日 10:07 AM 《返信》

    車がメインの地方民にとってはパッとしないゲームですね

  2. ななし 2022年9月18日 5:56 PM 《返信》

    3DSのヤツはハマったな
    これの体験版イマイチだったからみんなのA列車PCをSWITCHで出してくれないかな

お気軽にコメントどうぞ♪(名前入力不要)

内容をご確認の上、投稿してください ※名前は必須ではありません。

めんまにゅーす

めんまにゅーす

めんまのゲーム部屋Twitterお問い合わせ
めんまプロフィール
めんまにゅーす管理人のめんまです。スプラ2ウデマエX。APEXマスター。このブログではゲームニュースを中心に今バズってる話題を紹介しています。

LIKE

ポケモン、どう森、APEX
MHR、FF14、アイドルマンガ
お絵描き、お寿司、ラーメン

ほしいものリスト
ほしいものリスト

  • スポンサーリンク



  • お気に入り&物欲

    Amazonアソシエイト・プログラムの
    参加者です。

    コメント



  • タグ