めんまにゅーす > その他 > 10代マンガ好き女子がお気に入りの少年漫画を紹介してみる【第一回:NARUTO】


10代マンガ好き女子がお気に入りの少年漫画を紹介してみる

スポンサーリンク

こんにちは。めんまです。毎日ゲームニュース中心に更新していますが、今回は趣味などの事について書きます。

プロフィール欄にもあるように、わたしはマンガ(特に少年漫画)が好きです。ということで、今回はわたしのお気に入り漫画を紹介したいと思います。できればシリーズ化していきたい笑。第一回目は、週刊少年ジャンプで連載していた《NARUTO》です。

※最初に※
NARUTOは小学校低学年の時に読み始めた漫画なので、感想もその時に思ったことを思い出しながら書いています。あとネタバレも含みます。ご了承ください。

NARUTOを知ったきっかけと好きになった理由

親の本棚から手に取った一冊がNARUTOでした。まだそんなに巻数は出ていない頃だったと思います。

NARUTO―ナルト― モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-09-21)
売り上げランキング: 4,783

読んでみてすぐにハマりました。「友情」「努力」「勝利」そのすべてが詰まっているのが好き!そういった王道系マンガが好きなんです。

NARUTOのストーリーは、ざっくりいうと、落ちこぼれでイタズラ小僧。里のみんなから嫌われていた主人公ナルトが、優しい先生(カカシ先生)に認めてもらって、サスケというライバルと競い合い、自来也という師匠に出会って成長していく。そして最後には誰もが認める偉大な忍(里の英雄)になり、自分の夢であった火影になるっていう王道ストーリーなんですけど最初から最後まで本当に面白い。

まず、わたしのおすすめパートを紹介する前に好きなキャラを紹介します。

NARUTOの好きなキャラ

ナルトは魅力的なキャラがたくさんいるんだけど、特に私のお気に入りキャラは…

桃地再不斬(ももちざぶざ)
コミック3巻から出てくるキャラクターなんですけど「眉毛ないし怖いし心のない鬼だ!」と思っていたけれど、最後に自分のために死んだ白に涙を流して「いままでありがとう・・・悪かったなあ・・・」と言っていくのを見て「めっちゃいいやつだ!!白もいい子だった!!!素晴らしい忍だ!」と感動しました。ちなみに、この戦いで主人公ナルトとライバルサスケの関係も深くなっていくのが良い。

日向ヒナタ(ひゅうがひなた)
内気でもじもじしている少女。主人公のナルトに恋をしています。中忍試験で勝てないと周りからも言われていた勝負に「私はもう・・・逃げたくない!」「私はまっすぐ自分の言葉を曲げない・・・それが私の忍道だから!」と憧れの人(ナルト)の前では格好悪いところは見せられないとまっすぐなヒナタが超かっこいい!けなげで優しくて努力家。こういう女性キャラは応援したくなる!ちなみにヒナタのセリフじゃないけど、ネジの「日向は木の葉にて最強」これ名言です。

自来也先生
いい人だった・・・としか言えません。ピー(自主規制)仙人だなんて名前で呼ばれているけれど(笑)。ナルトの代名詞である「螺旋丸(らせんがん)」を教えたのも自来也先生です。最終戦に行くと自来也先生の教え子が関わっていたり、NARUTOの物語のキーマンの一人だと思います。ナルトの名前は自来也先生の小説から。ナルトとの師弟関係は長いから語り切れないけれど、親子のようでもあり祖父と孫のようでもあり。その関係性が本当に素敵でした。

うずまきクシナ(うずまきクシナ)
ナルトのお母さん。髪の毛が赤い色なのが特徴。怒ると怖い。ついた異名は《赤い血潮のハバネロ》。何巻か忘れたけど、クシナとミナトに抱かれている赤ん坊のナルトが表紙の巻があります。この感は号泣しました。一番印象に残っている巻かもしれない。どうしてナルトを人柱力にしたのか。父と母のなれそめ。ナルトが愛されて生まれたこと。最初、親もいなくて周りに疎まれて孤独だったナルトが、周りの人がいるから!と成長したシーンもあって親子の愛情ってすごいなあって思った。

NARUTOのおすすめパート

スポンサーリンク

順番バラバラだけど好きなパートやシーンを紹介します!

中忍試験
本格的に面白くなるのは中忍試験からです。ここでNARUTOの主要人物となるキャラクターたちが大勢出てきます。ガイ先生、ガアラ、大蛇丸 (おろちまる)などなど。ここで《リーvsガアラ》《ヒナタvsネジ》とかあります。熱いです。

大蛇丸vs三代目帆影
中忍試験、《サスケvsガアラ》の時に起きた事件《木の葉崩し》。そこでの「大蛇丸vs三代目火影」の戦いが面白くておすすめです。NARUTOのバトルにしては数少ない”忍術vs忍術”って感じで、なんか忍法してる!忍者漫画見てる!って感じになりました。三代目火影の最後も壮絶。

自来也vsペイン
えええええ~~とショックでした。あんなに面倒を見た教え子と戦うなんて…と悲しくなりました。自来也先生つえーー!って見どころたくさんあったのだけど、敵の暁の方が強かった。NARUTOがショックを受けていたのも印象に残っています。

里の英雄にNARUTOvsペイン
たぶん作中で一番ハラハラしたパートです。木の葉の里がボロボロになって皆がバタバタと死んでいく中で、修行を終えたナルトが帰還。そしてペイント対峙。読者のたまったフラストレーションを一気に吐き出させてくれるかのように、修行を終えたナルトつえーーー!!ってなりました。これぞ少年漫画!これぞ王道!と胸熱の展開にテンションがあがりました。そして木の葉どうなるんだろ…と思ったけど、ちゃんと復活してる展開でよかった。

サスケvsイタチ
コミック最初の方からやっていた伏線回収?ついに兄弟対決実現。幻術vs幻術の戦いはもうなにがなんだか。「なんでもありかよ!」と思った戦いでした。そして決着はつくものの最後のイタチの一言とおでこをトン!とするしぐさが印象的。すごかったけど悲しい戦いでした。

ほかにも《サソリvsサクラ・チヨバ》とか色んな記憶に残るシーンやバトルがありましたが、特に記憶に残っているのを書きました。最終戦争もすごかったんですが、キャラ登場しまくりで長くて、ちょっと難しく感じました汗。

他にもサスケ失踪のところとかも好きですが、また配信とかで話せたらいいなと思っています。

以上です。NARUTOは傑作なのでもし見たことない人がいたらぜひ読んでみてください。おすすめの少年漫画です。

※記憶を頼りに書いてる部分もあるので、間違ってる部分があったらごめんなさい<(_ _)>

その他

わたしの”めんま”のデザイン(なるとマーク)はNARUTOから来ています(服装とかはらんま1/2のシャンプーから)。あと、ナルトが中忍試験を受けるときに必要な書類に好きなもの「一楽のラーメンとくに味噌」と書いてあってそれを見たのが小学校高学年くらいだったのかな。

今まで塩ラーメンしか頼まなかったのに、その日から味噌を頼むようになりました。完全に漫画の影響です。影響を受けやすいんですよね(笑)。それから今現在まで味噌大好き人間だしナルトに感謝しています。

次回のお題は考えていませんが、続けていきたいのでよろしくお願いします🙂

よろしければシェアお願いします😊

2件のコメント

  1. 匿名 2019年9月22日 9:18 AM [返信]

    ナルトは鉄板だよね
    最後ぐだったけど

  2. 匿名 2019年9月23日 3:09 PM [返信]

    ナルトって女の子も読むんか

コメントはお気軽にどうぞ♪

内容をご確認の上、投稿してください ※名前は必須ではありません。

めんまにゅーす

めんまにゅーす

めんまにゅーす管理人のめんまと申します。スプラ2ウデマエX。このブログではゲームニュースを中心に、PCやWEBサービス、Amazonなどで購入した商品レビューを紹介しています

LIKE

ポケモン、どう森、スプラ2、
アイマス、アイドル、音楽、
映画鑑賞、アイロンビーズ 、
マンガ、コスメ、ラーメン

Amazon

わたしの物欲

  • スポンサーリンク


  • コメント


    タグ



  • レビューとか

    アクセスランキング